行事

2020.09.23

“「コロナ禍」が問いかけること” テーマに九州大谷仏教学会大会

〈九州大谷短期大学からのお知らせです〉

九州大谷短期大学仏教学会では、本学における仏教の研究及び教育の進展と学外への普及に努めると共に、その研究・教育を推進するにあたって、会員のみならず広く一般の方にもご参加を呼びかけ、毎年「仏教学会大会」を開催しています。

 

このたびの仏教学会第9回大会では、「「コロナ禍」が問いかけること」をテーマに掲げました。この困難な状況を、仏教はどのように見ているのかについて、みなさまと一緒に考えていきたいと思います。

 

参加は無料です。皆様方のお越しをお待ちしております。

 

日 時:2020年10月16日(金)13:00~16:00(受付12:30~)

会 場:九州大谷短期大学 大谷講堂(福岡県筑後市蔵数495-1)

テーマ:「コロナ禍」が問いかけること

 

課題発表者

泉  翔士(圓林寺住職)

小田 朋隆(正聞寺住職、本学非常勤講師)

青木 玲 (本学准教授)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、三密を防ぐため、感染症対策を行った上で開催させていただきます。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

開催案内(PDF)

お問い合せ:0942-53-9900(担当:調)

 

< 一覧へ戻る