コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

寺はご門徒に支えられ、帰命の心を代々に伝承してきました。そんなご門徒の活動や声を聞くコーナーを設けました。不定期コラムです。

Vol.1「竹灯籠の魅力」

記念すべき第1弾は、みやま市高田町にある明願寺(三池組)の門徒、西山勝幸さんのお宅をたずねました。聞き手は釋峯水(蓮尾康行)です。

(峯水)西山さんは所属寺の明願寺さんや近隣寺院に竹灯籠を寄贈しておられるそうですね。

(西山さん)はい。報恩講や永代経、大衆供養や同朋大会など、お寺で行事が催される時に納めています。

(明願寺住職)大晦日(除夜の鐘)には、参道を照らす竹灯籠もお願いしています。

(峯水)いつ頃から作りはじめられたのですか。

(西山さん)4年程前、知人に誘われて近所の竹灯籠会に入会してからです。

(峯水)どれも素晴らしい作品ですね。文字だけでなく、親鸞聖人の御影や八藤紋(真宗大谷派の紋)など、複雑な造形作品もあり、思わず感嘆の声がもれます。

(西山さん)いやぁ先輩方に比べれば私なんかまだまだひよっこです。

(峯水)そうですか。作品作りで難しい点などありますか?

(西山さん)テーマを決める時が一番悩みますね。

技術面では、文字の場合、字に沿って全て竹をくり抜いてしまうと文字の形になりませんから、縦のラインを数か所残しつつ、文字に見えるようにしなきゃいけない。いつも頭を悩ませます。

また、複数の竹を組み合わせて作る作品は難しいです。先輩の中にはお城を作る人も。いつか私も挑戦してみたいです。

(峯水)楽しみにしています。ところで、西山さんと明願寺さんの関係はいつ頃からはじまったのですか?

(明願寺住職)平成22年に地域の世話人をお願いしたのがきっかけです。

(西山さん)当時は仕事もしておりましたので、お役に立てるかどうか心配だったのですけど。

(峯水)やがて10年のお付き合いですね。

(西山さん)はい。2年前には、現在の住職が継職されたのを機に、帰敬式を受け、総代と組門徒の職を拝命し2年が経ちました。

(峯水)教えを聞き始めて何か感じられたことなどありましたら、お聞かせください。

(西山さん)難しいことはわかりませんが、「人に喜んでいただくことで、人は喜びを感じるのだということを、改めて発見できたように思います。

(峯水)竹灯籠作りはまさにその活動の一環ですね。

(西山さん)はい。喜んでいただけると、私自身がとてもうれしくなります。

(峯水)「自利利他円満」という仏教の教えに通じるお話しだと感じました。本日はありがとうございました。

次回は、どうやって竹灯籠を作るのか?その現場に密着します。

(取材/釋峯水)

< 一覧へ戻る

COLUMN

コラム

非核非戦靖国問題部会:現地学習会報告

年度末にあたり、今年度実施した非核非戦靖国問題部会で行った現地学習会の報告をさせていただきます。この現地学習会は4月14日(水)~15日(木)に長崎教会および各所にて九州教区解放運動推進協議会「非核非戦・靖国問題部会 現地学習会(in ナガサキ)」が部会委員と長崎組役職者を中心として開催いたしました。 部会の方を含め18名の参加者とともに、14日は「非核非戦の碑」(原子爆弾災死者収骨所)前で勤行後に末永仁氏(長崎組善教寺住職)より原爆投下後、ご門徒を中心とした収骨の歴史をお聞きしました。続いて堂内にて深草昭壽氏(長崎組福浄寺住職)より「非核非戦」の言葉の字義とその願いについてお話頂きまし

詳しく読む

COLUMN

コラム

ハンセン病問題部会事業報告

「狂ってるよ、この国は。」 竪山勲氏の静かな怒りの声が、しんと静まり返った会場に、重く、深く、のしかかる。 2021年4月6日から7日にかけて、解放運動推進協議会ハンセン病問題部会「ハンセン病療養所退所者との交流会」が開催された。講師は、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会(全原協)事務局長である竪山勲氏と、ハンセン病訴訟に長年携わる八尋光秀弁護士。竪山氏は「ハンセン病家族訴訟勝訴・その後」、八尋氏は「ハンセン病冤罪事件再審請求に向けて」という題でそれぞれ講演を頂いた。 1日目、竪山氏は「らい予防法違憲国家賠償訴訟を提訴してから約20年の間に、第一原告の13名のうち

詳しく読む

COLUMN

コラム

鹿児島別院仮掛所設置記念法要厳修

2020年11月1日(日)鹿児島別院において「2020年度鹿児島別院仮掛所設置記念法要」が営まれたので紹介する。 そもそも鹿児島をはじめ、かつての島津氏の支配した地域では、親鸞聖人の教えが禁じられ、厳しい取り締まりがあった。そんな中でもひそかに真宗の法灯を保ってきた人々がおり、この歴史を通称して「かくれ念仏」という。真宗禁制は明治9年の信仰の自由の布達によって解禁に至り、同年11月1日には松原町大門口近くの料亭「春風」を借りて、東本願寺仮掛所の看板を掲げて開業式を行った。 そして、来たる2026年は真宗禁制解禁150年目にあたり、九州教区鹿児島エリアでは、その年の春に、「南

詳しく読む