INFO

行事

緊急企画【Zoom対談】「withコロナ時代の生き方~世界に優しい場所を増やすために」

安田菜津紀 氏(フォトジャーナリスト)と名和達宣 氏(真宗大谷派教学研究所所員)による対談です。「withコロナ」時代、感染拡大の不安を抱えながら生きる私たち。 「コロナ差別」の問題から明らかになった私たち人間の姿。不確かな情報から他者に対する差別や偏見が社会で蔓延っています。withコロナ時代の今、世界に「優しい場所」が増えるために私たちはどのように生きていけばよいのでしょうか。 ぜひ、皆様のご視聴お待ちしております。 講座詳細 ■日時:2020年10月29日(木)20:00~21:00 ■登壇者: 安田菜津紀(フォトジャーナリスト) 名和達宣

詳しく読む

INFO

行事

【延期のお知らせ】 岩田健太郎氏(神戸大学医学部教授)のリモート講演 

【お知らせ】 10月28日15時から予定しておりました社会講座、岩田健太郎先生のリモート講演は、都合により急遽延期となりました。 新たな日程が決まり次第、追ってお知らせいたします。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を懸念して、さまざまな行事や法要等が途絶えています。 感染対策をしながら少しずつ活動をはじめる動きもありますが、その陰で、様々な問題があぶりだされています。 その一つが、感染者やその家族への「差別」や「排除」という問題です。 東本願寺大谷会館では、このような状況に鑑み、感染症専門医である岩田先生を講師に、「新型コロナと

詳しく読む

INFO

行事

坊守研修会のお知らせ

九州教区坊守研修会が10月16日(金)15時30分より開催されます。 今回は、九州教務所を主会場に、お近くの各教務支所(日豊、長崎、熊本、鹿児島)でのリモート参加に加え、自宅等でも視聴できるようYouTubeのライブ配信を行います。 大江憲成氏(九州大谷短期大学名誉学長)を講師に、「いま 寺(ここ)に生きる~問いと共に歩む生活を~ ―withコロナの時代社会を、寺は、坊守はどう歩むかー」をテーマに聴聞します。 ご参加の方は、以下のYouTubeアドレスからもご参加下さい。 〈内容〉 期日  2020年10月16日(金) 15時30分~17時頃

詳しく読む

INFO

教区内の皆さまへ

【重要】メール配信の登録方法について

教区内寺院・教会のみなさまへ このたびの九州教区発足にともない、九州教区内寺院・教会(住職・教会主管者・代務者・教区役職者等)を対象としたメール配信を新たに開始いたします。 当メール配信は、九州教区内の住職・教会主管者・代務者の方にメールアドレスを登録いただき、登録いただいたメールアドレスに、教区内事務連絡や災害等での緊急連絡などをお送りする予定です。 また、教区役職者(各組長等)宛の伝達事項等についても、当メール配信を活用して速やかに伝達できる体制を整えてまいります。 ■登録手順については、以下をご覧ください。 【登録手順

詳しく読む

COLUMN

コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

Vol.2「竹灯籠作りに密着」 前回に引き続き、みやま市明願寺門徒の西山勝幸さんのお宅にお邪魔しています。 (聞き手)西山さん、今回は実際に竹灯籠を作るところを見せていただけるそうですね。 (西山さん)はい。今回は来年7月に合併し、新たに発足する「九州教区」の竹灯籠作りに挑戦します。 (聞き手)ホントですか!ありがとうございます! 工程①「原稿の作成」 パソコンを使って原寸大の文字をプリント。 文字を切り抜いた時に竹がバラバラにならないよう、残す部分を書き込む。 ※絵の場合は、写真や絵画などを参考に。 工程②「型取り」 文字を切り抜いた紙を竹に貼付け

詳しく読む

COLUMN

コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

寺はご門徒に支えられ、帰命の心を代々に伝承してきました。そんなご門徒の活動や声を聞くコーナーを設けました。不定期コラムです。 Vol.1「竹灯籠の魅力」 記念すべき第1弾は、みやま市高田町にある明願寺(三池組)の門徒、西山勝幸さんのお宅をたずねました。聞き手は釋峯水(蓮尾康行)です。 (峯水)西山さんは所属寺の明願寺さんや近隣寺院に竹灯籠を寄贈しておられるそうですね。 (西山さん)はい。報恩講や永代経、大衆供養や同朋大会など、お寺で行事が催される時に納めています。 (明願寺住職)大晦日(除夜の鐘)には、参道を照らす竹灯籠もお願いしています。 (峯水)いつ頃から作

詳しく読む

行事

行事カレンダー
行事新着情報