INFO

行事

“「コロナ禍」が問いかけること” テーマに九州大谷仏教学会大会

〈九州大谷短期大学からのお知らせです〉 九州大谷短期大学仏教学会では、本学における仏教の研究及び教育の進展と学外への普及に努めると共に、その研究・教育を推進するにあたって、会員のみならず広く一般の方にもご参加を呼びかけ、毎年「仏教学会大会」を開催しています。 このたびの仏教学会第9回大会では、「「コロナ禍」が問いかけること」をテーマに掲げました。この困難な状況を、仏教はどのように見ているのかについて、みなさまと一緒に考えていきたいと思います。 参加は無料です。皆様方のお越しをお待ちしております。 日 時:2020年10月16日(金)13:00~1

詳しく読む

INFO

行事

緊急企画【Zoom対談】「ウイルスは敵なのか」

9月16日(水)20:00~、緊急企画として、Zoom対談「ウイルスは敵なのか」を、ライブ配信にて開催します。真宗会館の企画です。 緊急事態宣言が解除され、一時私たちの生活に常が戻りつつありました。しかしまた徐々に関東圏を中心に全国的にも感染が拡大し、現在は多少減少傾向にあるものの、まだまだ私たちの日常は、ウイルスを恐れ、ウイルスを敵とし、毎日感染の不安を感じながら生活しています。 中島岳志氏(東京工業大学教授)と一楽真氏(大谷大学教授)による対談。「withコロナ」時代、感染拡大の不安を抱えながら生きる私たち。 ウイルスや自然とともに生きるという視点やヒントを、人

詳しく読む

INFO

行事

九州大谷で市民大学講座 「正信偈に学ぶ―『大無量寿経』のこころ―」テーマに

〈九州大谷短期大学からのお知らせです〉 九州大谷短期大学仏教学科では、学科の講義を広く市民に開放し、生涯学習社会の実現に寄与することを目的に、毎年「市民大学講座」を開催しています。この取り組みは、今年で45回目を迎えます。 昨年に引き続き、「正信偈に学ぶ―『大無量寿経』のこころ―」というテーマのもと、親鸞聖人の「正信偈」依経段に学びます。 聴講は無料です。皆様方のお越しをお待ちしております。 日 時:2020年10月4日(日)9:00~12:15(受付8:30~) 会 場:九州大谷短期大学 大谷講堂(福岡県筑後市蔵数495-1) テー

詳しく読む

INFO

ニュース

フリー素材「イラストカット集」のページのご案内

真宗教化センター しんらん交流館ホームページでは、「お寺deお役立ち」コーナーを設け、お寺の活動にお使いいただける情報を提供しています。 このたび、イラストを中心にした素材のコーナー「イラストカット集」のページが開設されましたので、ぜひ、寺報等でご活用ください。 http://jodo-shinshu.info/otera_entry/illustration/

詳しく読む

COLUMN

コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

Vol.2「竹灯籠作りに密着」 前回に引き続き、みやま市明願寺門徒の西山勝幸さんのお宅にお邪魔しています。 (聞き手)西山さん、今回は実際に竹灯籠を作るところを見せていただけるそうですね。 (西山さん)はい。今回は来年7月に合併し、新たに発足する「九州教区」の竹灯籠作りに挑戦します。 (聞き手)ホントですか!ありがとうございます! 工程①「原稿の作成」 パソコンを使って原寸大の文字をプリント。 文字を切り抜いた時に竹がバラバラにならないよう、残す部分を書き込む。 ※絵の場合は、写真や絵画などを参考に。 工程②「型取り」 文字を切り抜いた紙を竹に貼付け

詳しく読む

COLUMN

コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

寺はご門徒に支えられ、帰命の心を代々に伝承してきました。そんなご門徒の活動や声を聞くコーナーを設けました。不定期コラムです。 Vol.1「竹灯籠の魅力」 記念すべき第1弾は、みやま市高田町にある明願寺(三池組)の門徒、西山勝幸さんのお宅をたずねました。聞き手は釋峯水(蓮尾康行)です。 (峯水)西山さんは所属寺の明願寺さんや近隣寺院に竹灯籠を寄贈しておられるそうですね。 (西山さん)はい。報恩講や永代経、大衆供養や同朋大会など、お寺で行事が催される時に納めています。 (明願寺住職)大晦日(除夜の鐘)には、参道を照らす竹灯籠もお願いしています。 (峯水)いつ頃から作

詳しく読む

行事

行事カレンダー
行事新着情報