INFO

ニュース

「令和2年7月豪雨」における宗派ボランティア活動に係る経費の一部助成について

このたびの「令和2年7月豪雨」における宗派ボランティア活動に対して、活動経費の一部が宗派より助成されますので、ぜひ活用ください。 事 由 被災地におけるボランティア活動の負担軽減ならびに継続した支援を行える環境の整備を目的に、ボランティア活動に係る経費の一部を宗派より助成するため。 対 象 宗派ボランティア(団体・個人)に係る経費の内、食材等の購入経費及び消耗品購入に係る経費の実費分。 なお、ボランティア活動については、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策として、当該教区(九州)や県、生活エリアにおいての活動に限るものとする。 助成額 1回の

詳しく読む

INFO

ニュース

【重要】メール配信の登録方法について

教区内寺院・教会のみなさまへ このたびの九州教区発足にともない、九州教区内寺院・教会(住職・教会主管者・代務者・教区役職者等)を対象としたメール配信を新たに開始いたします。 当メール配信は、九州教区内の住職・教会主管者・代務者の方にメールアドレスを登録いただき、登録いただいたメールアドレスに、教区内事務連絡や災害等での緊急連絡などをお送りする予定です。 また、教区役職者(各組長等)宛の伝達事項等についても、当メール配信を活用して速やかに伝達できる体制を整えてまいります。 ■登録手順については、以下をご覧ください。 【登録手順

詳しく読む

INFO

ニュース

九州教区教化委員会総会が開催されました

2020年7月13日、九州教務所(久留米市)で、九州教区最初の教化委員会総会が開催されました。九州連区であらかじめ推薦された15名を教化委員に選任し、教化研修計画や事業計画について話し合いました。 この日の案件は、 ①九州教区教化委員会委員の選任について ②教化テーマ・教化研修計画について(本部長提案) ③2020年度事業計画・予算、鹿児島エリア慶讃法要について ④非核非戦法要について ⑤九州教区帰敬式実践運動推進計画について でした。 教化委員長挨拶、自己紹介の後、寺院を取り巻く昨今の厳しい状況や、コロナ禍の影響で仏事が縮小している現実を踏まえ

詳しく読む

INFO

ニュース

九州教区緊急事態対策委員会の対応について(報告)

このたびの「令和2年7月豪雨」の発生を受け、九州教区では7月9日(木)に「九州教区緊急事態対策委員会」を開催し、被害状況の確認、今後の対応について協議し、下記の対応を行うことを決定いたしました。 1、災害見舞金の給付について 特に被害の大きい大牟田三池組、熊本南組に対し、災害見舞金(支援金)として10万円をお渡しする。 2、ボランティア活動支援金の給付について 教務所長に認定された団体へ、ボランティア活動支援金を給付する。 また、熊本エリアでのボランティア活動は、熊本ボランティアセンター(以下KVC)への登録の上、活動いただく。 なお、ボランティアの人的支援は

詳しく読む

COLUMN

コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

寺はご門徒に支えられ、帰命の心を代々に伝承してきました。そんなご門徒の活動や声を聞くコーナーを設けました。不定期コラムです。 Vol.1「竹灯籠の魅力」 記念すべき第1弾は、みやま市高田町にある明願寺(三池組)の門徒、西山勝幸さんのお宅をたずねました。聞き手は釋峯水(蓮尾康行)です。 (峯水)西山さんは所属寺の明願寺さんや近隣寺院に竹灯籠を寄贈しておられるそうですね。 (西山さん)はい。報恩講や永代経、大衆供養や同朋大会など、お寺で行事が催される時に納めています。 (明願寺住職)大晦日(除夜の鐘)には、参道を照らす竹灯籠もお願いしています。 (峯水)いつ頃から作

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

誕生(1歳~)

親鸞聖人は1173年(承安3年)、京の都の南、日野の里で誕生されたといわれています。貴族中心の平安時代から武士が力をもちはじめた鎌倉時代へと移り変わろうとする騒乱の時代でした。

詳しく読む

行事

行事カレンダー
行事新着情報