バラバラで いっしょ
-差異(ちがい)を認める世界の発見-蓮如上人500回御遠忌テーマ

この言葉は1998(平成10)年に勤修された、蓮如上人500回御遠忌のテーマです。当時本山に勤務していた私は、このテーマ発表の場に携わらせていただきました。

 

東本願寺の御影堂には大スクリーンが設置され、時の能邨英士宗務総長が、映し出されたこのテーマを発表すると、堂内にどよめきが起こりました。

 

このような宗門内外のテーマといえば、「ともに」「同じく」「一心」といったような、心を一つにしてというような言葉がそれまでは多かったように記憶しています。

一般的に「バラバラ」という言葉は、物が壊れたり、人と人との関係性が崩れたりするときに使う文言であり、宗門が外に発信するテーマとしてはふさわしくないようなイメージがありました。

しかしあえて宗門はこのバラバラという言葉を選び、当時の最も大きな法要である蓮如上人500回御遠忌のテーマとして使ったのです。

 

あれから二十数年経った今、私たちはコロナウイルスという恐ろしい感染症に振り回され、戦々恐々とした日々を送っています。

生活は一変し、旅行は疎か、外出もままならない日々が続いています。仕事もテレワークという在宅勤務が続き、その出口の見えないフラストレーションから、家族間においてもDV(家庭内暴力)が増えているといいます。他府県ナンバーの自動車への嫌がらせや、感染した人やその家族に対する差別や偏見がはびこり、現代の大きな社会問題になっています。

 

あらためて考えたとき、「バラバラでいっしょ」とは『人種や性別や出自等の色々な差異(ちがい)を超えて、それぞれの差異はそのまま一緒にいていいんだよ』という仏様の呼び声のような気がします。

 

コロナウイルスの収束を願うのはもちろんですが、その前に互いの差異を認め合い、一人一人のいのちを尊重し合える世界を、それぞれが発見することを切に念じたいと思います。

(文/清原 宗)

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 11

この言葉は1998(平成10)年に勤修された、蓮如上人500回御遠忌のテーマです。当時本山に勤務していた私は、このテーマ発表の場に携わらせていただきました。 東本願寺の御影堂には大スクリーンが設置され、時の能邨英士宗務総長が、映し出されたこのテーマを発表すると、堂内にどよめきが起こりました。 このような宗門内外のテーマといえば、「ともに」「同じく」「一心」といったような、心を一つにしてというような言葉がそれまでは多かったように記憶しています。 一般的に「バラバラ」という言葉は、物が壊れたり、人と人との関係性が崩れたりするときに使う文言であり、宗門が外に発信する

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 10

私の思い込みを振りかざし、娘や妻のこころを深く傷つけていたことに気づかされたとき、このご和讃を思い出しました。 作家の高史明さんは、中学生の息子さんを自死で失くされた体験から生まれた著作『「ことばの知恵」を超えて―同行三人』(新泉社)に、このご和讃を引かれ、人間中心の知恵の闇を語ってあります。私は自分の「ことばの知恵」に酔い、のぼせていたことを、身近な人の笑顔が消えたことで知らされたのでした。 人間は多かれ少なかれ言葉の知恵を善として優劣を競い、より快適な生き方を求めることが正しいと考えていると思います。 けれども自分の言葉の知恵を疑うことなしに正しい

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 9

ニュースや新聞は新型コロナウイルスの報道ばかりです。不要・不急の外出自粛で家族と過ごす時間が多くなっているのではないでしょうか。 さて、聖徳太子は御存知のように仏教に深く帰依され、役人の心得を記した『十七条憲法』にも仏教の影響が色濃く見受けられます。その第十条に上記の一文があります。私達は人と向かい合う時、どうしても相手に優劣や分別をつけながら接してしまいます。相手が自分より劣っていると判断した途端に、相手の声が聞こえなくなってしまいます。聖徳太子はそのような人間の傲慢さを戒めたのではないでしょうか。仏の智恵に照らし出された我々人間は、共に凡夫の身であるという仏教的な平等性がこの背景には

詳しく読む