「この光に遇(もうあ)う者は、三垢(さんく)消滅し、身意柔軟(にゅうなん)なり。歓喜踊躍(ゆやく)し、善心生ず。」(『真宗聖典』300頁)

 

数年前、九州大谷短期大学真宗研究所主催の教化講習会に参加しました。法話の研鑽のみならず、教行信証の学習・仏教讃歌・カウンセリングの基礎・靖国問題学習など、お寺で生活する中ですぐ役立つ学びと僧侶として常に心がけておきたい様々な学びをいただき、素晴らしい同朋とも出遇えました。自分が思っていた以上に豊かな時間を与えてくれた教化講習会という場に、感謝の気持ちでいっぱいです。

特に、齋藤豊治先生のコミュニケーション学習の中で言われた「やわらかく接する」ということを、今も日々心がけています。

私たちは、苦手な人間に会って「ダメだ」と思った瞬間、威嚇や自己防衛反応で固さが出る。そのロック状態を解く為に、脱力する、自分の体の緊張を解くことが大事だと言われました。

「人と出会う時、肩の力を抜いて出会えていますか。肩の力をダラーっと抜いて、真っ直ぐ立てます

か。それがやわらかさです。」

根がしっかりしていれば、揺れても平気な大木のように、上半身が脱力しても、下半身が安定していれば大丈夫なのだと仰いました。

 

先生の言葉で浮かんだのが、弥陀の三十三願・触光柔軟(そっこうにゅうなん)の願です。

 

「たとひ我、仏を得んに、十方無量不可思議の諸仏世界の衆生の類、わが光明を蒙(こうぶ)りてそ

の身に触(ふ)れん者、身心柔軟(しんじんにゅうなん)にして、人・天に超過せん。もし爾(し

か)らずんば、正覚を取らじ。」

(わたしが仏になるとき、すべての数限りない仏がたの世界のものたちが、私の光明に照らされて、

それを身に受けたなら身も心も和らいで、その様子は天人や人々に超えすぐれるでしょう。そうで

なければ、私は決してさとりを開きません)

(『真宗聖典』21頁)

 

身心柔軟の「身柔軟」というのは、弥陀の光明に触れると振舞いの荒々しさが取れ、物腰がやわらかくなるさまではないかと考えます。身心は繋がっているが故に、物腰が変われば心も変わる。「心柔軟」へと変化する。やわらかくしなやかな心の状態は、何ものが来てもびくともせぬ、金剛心と一味になった心です。脱力と安定が身にも心にも及ぶのです。

弥陀の光明に出遇った人は、そのままではいられなくなる、というのはこういう事なのではないでしょうか。

今年も、聞法し御念仏いただくという真宗門徒の生活を、大事にしていきたいと存じます。

(下津 悦子)

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉27

日本でも哲学者として有名なカントは1724年に東プロシアの首都ケーニヒスベルク(現在のロシア領カリーニングラード)に生まれ、1804年に衰弱死によってその生涯を終えました。彼の生まれた時代はヨーロッパの各地でひっきりなしに戦争が起きていました。71歳のカントが『永遠平和のために』を著したその背景にはやむにやまれぬ思いがあったことでしょう。 2022(令和4)年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻を開始しました。当初、この原稿を書く頃には戦争は終わっているものだとばかり思っていました。それはロシアやウクライナ、さらにはその他の諸外国も同じ思いだったかもしれません。しかし実際には戦況は長引き

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉26

人間は死を抱いて生まれ、死をかかえて成長する 『信國淳選集』第六巻「第一部浄土」柏樹社 私たちは誰もが「生まれたものは死に往くもの」とは知っていても、死を抱えて生きているという実感がないのが事実です。死はこの身において成熟するものと言われますが、まことにその通りだと言わねばなりません。 私はこの歳になって初めて老眼を体験しました。まさに我が身が老いゆくもの死にゆくものであるという事実を突きつけられました。まさに死を抱えて生まれてきたという事実を分かったつもりでいる人間的未熟さを感じずにはおれませんでした。 人間は、いつまでも生きたいとおもう心によって死を逃れようとし、若

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉24

最近、私はSNSを通じて他宗の友人が増えました。その中で浄土宗の方と話す際に法然上人の一枚起請文を改めて読み直しました。法然上人が亡くなる直前に記され、弟子の勢観房源智に授けた文ですが、法然上人の御言葉でありながら、私は親鸞聖人と蓮如上人を思うのです。 「親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、よきひとのおおせをかぶり(蒙)て、信ずるほかに別の子細なきなり。」 (『真宗聖典』627頁 「歎異抄」第二条) 「ただ一念に弥陀をたのむ衆生は、みなことごとく報土に往生すべきこと、ゆめゆめうたがうこころあるべからざるものなり。」 (『真宗聖典』835頁 「御文」

詳しく読む