死んでいく虚しさが超えられないのは、あなた自身の問題だからではないのか志慶眞文雄(細川巌先生から問われた言葉)

志慶眞文雄さんのインタビュー記事(『同朋新聞』2018年10月1日号)の言葉です。

志慶眞さんは、沖縄県で小児科医院を営みながら、聞法道場を開催されています。医学部時代、広島大学会館で行われていた細川巌先生(当時、福岡教育大学名誉教授)の「歎異抄の会」に参加。その際、細川先生から「死んでいく虚しさが超えられないのは、あなた自身の問題だからではないのか」と問われ、ハッとしたそうです。

「目の前のやるべき対象を変えることで生死の問題を解決しようと四苦八苦してきましたが、はじめて、実は自分自身の問題だったと気づかされたんです」と志慶眞さん。その後、沖縄に帰り、妻に「もう一度真宗の教えを聞くために、お金をかけて二階に聞法道場をつくりたい」と歩みをはじめられました。

志慶眞さんが大切にされていることは、「わからないことはわからないままでいい」。「南無阿弥陀仏」が分別で高上がりしていた傲慢な自分を翻す。「ああ、そうか。自分に願いがかけられていた。それを見失って生きてきたんだ」と。

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 13

志慶眞文雄さんのインタビュー記事(『同朋新聞』2018年10月1日号)の言葉です。 志慶眞さんは、沖縄県で小児科医院を営みながら、聞法道場を開催されています。医学部時代、広島大学会館で行われていた細川巌先生(当時、福岡教育大学名誉教授)の「歎異抄の会」に参加。その際、細川先生から「死んでいく虚しさが超えられないのは、あなた自身の問題だからではないのか」と問われ、ハッとしたそうです。 「目の前のやるべき対象を変えることで生死の問題を解決しようと四苦八苦してきましたが、はじめて、実は自分自身の問題だったと気づかされたんです」と志慶眞さん。その後、沖縄に帰り、妻に「もう一度真宗の教えを聞

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 12

朝日新聞で鷲田清一氏が連載している『折々のことば』(2020年8月26日朝刊)から。 ナチス時代のユダヤ人迫害から現代の酷薄な差別発言まで、人はなぜ「正義」を装い、嬉々として少数者を排撃するのか。ポイントは、権威を後ろ盾にした「責任からの解放」にあると社会学者は言う。 つまり責任を負うべき〈顔〉を隠せること。匿名でしか声を出せない人は、他者を属性でしか見られない。何より自身がもはや属性でしかないから。『ファシズムの教室』から。

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 11

この言葉は1998(平成10)年に勤修された、蓮如上人500回御遠忌のテーマです。当時本山に勤務していた私は、このテーマ発表の場に携わらせていただきました。 東本願寺の御影堂には大スクリーンが設置され、時の能邨英士宗務総長が、映し出されたこのテーマを発表すると、堂内にどよめきが起こりました。 このような宗門内外のテーマといえば、「ともに」「同じく」「一心」といったような、心を一つにしてというような言葉がそれまでは多かったように記憶しています。 一般的に「バラバラ」という言葉は、物が壊れたり、人と人との関係性が崩れたりするときに使う文言であり、宗門が外に発信する

詳しく読む