えらばず きらわず みすてず竹中 智秀

大谷専修学院の元学長である竹中 智秀先生が阿弥陀様の「摂取不拾」の働きを「えらばず きらわず みすてず」とおっしゃられました。

 

私たちは日々の生活の中で、 選び、好き嫌いをし、いろいろなものを排除してしまいがちです。しかしそれは裏を返せば、自分も他の人から「選ばれ、嫌われ、見捨てられ」ていることでしょう。 そのことに気づいたとき、最初は傷つき、終いには自らを選び、嫌い、見捨てていくかもしれません。

 

「摂取不捨」の阿弥陀様のお心は、そんな弱さを持った凡夫に過ぎない私たちをつねに見て下さり、決してお前を見捨てはしないよと語りかけてくださる心なのだとおもいます。

 

(岡本 恵)

MONTHLY

今月の言葉

今月のことば 20

大谷専修学院の元学長である竹中 智秀先生が阿弥陀様の「摂取不拾」の働きを「えらばず きらわず みすてず」とおっしゃられました。 私たちは日々の生活の中で、 選び、好き嫌いをし、いろいろなものを排除してしまいがちです。しかしそれは裏を返せば、自分も他の人から「選ばれ、嫌われ、見捨てられ」ていることでしょう。 そのことに気づいたとき、最初は傷つき、終いには自らを選び、嫌い、見捨てていくかもしれません。 「摂取不捨」の阿弥陀様のお心は、そんな弱さを持った凡夫に過ぎない私たちをつねに見て下さり、決してお前を見捨てはしないよと語りかけてくださる心なのだとおもいます。

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 19

私たちはどうあがいても独りで生まれそして独りで死んでいく。 その事実は決して変わりません。 なんと寂しく、そして虚しいことでしょうか。 どうにか人とつながりたいと思っても、他人の考えていることは分からず不安な毎日を送る日々です。 学生時代に一人暮らしをしていたのですが、無性に寂しくなる夜がありました。そんな時はドライブをしながらラジオを聞いていたものです。周りは真っ暗で誰もいない中、遠い遠い自分では行ったこともない場所から、会ったこともない人の声が電波に乗って私のもとに届く。それが不思議となぜか私の心を落ち着かせてくれていたことを思い出します。 直接人と会うこ

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 18

このご和讃は、親鸞聖人が七高僧のおひとりであります善導大師についてお詠みになられたなかの一首です。 慈悲とは、衆生を慈しんで楽を与え、憐みいたんで苦を取り除くおこころですが、そのおこころを父のごとく、母のごとくとお喩えになられています。 私たちにとって父、母とはどのような存在でしょうか。さまざまに思われるところもあると思いますが、一つ大切なこととして私(わたくし)をお育ててくださった方ということがあるのではないでしょうか。もう少しことばを足すと、私の望む、望まないを超えて、それに先立って私の幸せを願いながらお育てくださった方ということでしょう。 このご和讃をいただくとき、釈迦

詳しく読む