私が さびしいときに 
 仏さまは さびしいの金子 みすゞ

新型コロナの感染対策が最も求められているのが、医療機関や福祉施設。

もし感染すれば重症化する可能性が高いということで、面会も最小限に制限されています。

特に入院生活では、不安な気持ちで過ごす方がほとんどでしょう。そんなとき、家族や友人の面会や励ましが、なんと温かいことか。

 

しかし今、多くの病院や施設で面会が制限され、ベッドの上で、孤独を抱えている人がいます。

 

私は何ができるのか。そんなことを考えていたら、金子みすゞさんのこの詩が思い出されました。

 

 

さびしいとき
私がさびしいときに、
よその人は知らないの。

 

私がさびしいときに、
お友だちは笑ふの。

 

私がさびしいときに、
お母さんはやさしいの。

 

私がさびしいときに、
仏さまはさびしいの。

 

 

 

 

さびしいとき、他人にはわかりません。

友は笑って、「頑張れ」と励まします。

母は、やさしく寄り添います。

でも、本当の私の苦しみを、誰もわかってくれない。

そんな孤独や疎外の中で、“仏さま”というはたらきを、金子みすゞさんは見出しています。

 

さびしいとき、つらいとき、どうしようもないとき、そうでないときも、南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)と念仏申す。浄土真宗の行は、そこに尽くされています。

 

その声は、私の口から出る仏の声。わたしのさびしさをそのまま抱きしめて、「助けるぞ」「大丈夫」と呼びかけています。

 

さびしいときは、さびしいままに。

 

 

(溝邊伸)

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉23

数年前、九州大谷短期大学真宗研究所主催の教化講習会に参加しました。法話の研鑽のみならず、教行信証の学習・仏教讃歌・カウンセリングの基礎・靖国問題学習など、お寺で生活する中ですぐ役立つ学びと僧侶として常に心がけておきたい様々な学びをいただき、素晴らしい同朋とも出遇えました。自分が思っていた以上に豊かな時間を与えてくれた教化講習会という場に、感謝の気持ちでいっぱいです。 特に、齋藤豊治先生のコミュニケーション学習の中で言われた「やわらかく接する」ということを、今も日々心がけています。 私たちは、苦手な人間に会って「ダメだ」と思った瞬間、威嚇や自己防衛反応で固さが出る。そのロック

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉22

3月に、一年ぶりの彼岸会をしました。法要の中で、「たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」(聖典149頁)という聖典の言葉が思い浮かびました。 「解読教行信証上巻 東本願寺」の訳によれば、「たまたま行信を獲たなら、はるかむかしからのご縁があったことを慶ぼう」とあります。 私なりに、乱暴な訳ですが、たまたまお寺に来ようと思いたち来たならば、はるか昔からのご縁があったことを慶びましょう。そう訳しても良いかと思います。宿縁とは、遠い昔から、今ここに自分があることを支える全ての条件を言います。 今、私がいることは、私に父と母がいるからですが、その父母にも父母がおられて、その父母にも当然お

詳しく読む

MONTHLY

今月の言葉

今月の言葉 21

私たちは何かに傷つけられたり、悲しさや寂しさを感じるとき、「人に知られたくない」、「周りにいる人たちを心配させてはいけない」、このような思いから我慢することがあります。 我慢してじっと耐えること、それ自体は何も悪いことではありません。けれども、無理に我慢しているとその悲しみはだんだん大きくなって、やがてそれは怒りとなり、相手を傷つけたり、他の誰かに八つ当たりすることがあります。怒りをぶつけられた相手の怒りはまた他の誰かに向けられますことになります。 怒りを誰かにぶつければ、その一瞬は気持ちよく感じます。ではその後に空しさのような感覚を覚えるのはなぜでしょう。怒りをぶつけられた相手の

詳しく読む