おしらせ おしらせ

INFO

行事

非核非戦法要のご案内について

2020年8月9日、長崎教会(長崎教務支所)にて非核非戦法要が勤修されます。 原子爆弾によって亡くなられた身元不明の方々のお骨が、長崎教務支所の「原子爆弾災死者収骨所」(非核非戦の碑)に収められており、今年75年の節目を迎える法要です。 今年度は、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、開催に際し「3密」を避けた設営等で対応しますので、ご参詣ください。 ※長崎市内の感染状況によっては中止も含めた法要内容の変更を行う場合がございます。予めご了承ください。 詳細につきましては以下のチラシをご覧ください。

詳しく読む

INFO

行事

九州教務所からのお知らせ(事務通信2020年8月号)

「九州教区事務通信」2020年8月号をどうぞご覧ください。 こちらからもご覧いただけます。☞022 2020年8月事務通信

詳しく読む

INFO

行事

【重要】教区教化事業の中止・延期措置について(第3報)

このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を受け、新たに中止・延期措置の対象となった教化事業についてお知らせいたします。 ご参加を予定されていた方々には、大変申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願いいたします。 併せて、延期措置の教化事業につきまして、現時点での開催予定日をお知らせいたします。 中止対象事業 【中止】4月 14日     定例聞法会 【中止】4月 17日     会館奉仕(浮羽西組・浮羽東組) 【中止】4月 18日     社会講座 【中止】4月 19日     九州親鸞フォーラム 【中止】4月 23

詳しく読む

INFO

行事

しんらん教室(柳川市)が中止になります

柳川市立図書館での開催が予定されていた「しんらん教室」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、3回(4月4日、5月2日、6月6日)とも中止することになりました。ご了承ください。

詳しく読む

INFO

行事

【重要】教化事業の中止・延期措置について(第1報)

このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、感染拡大防止の観点より 3月実施の教区教化事業につきまして、下記の通り中止・延期の措置をとらせていただきます。 ご参加を予定していた方々には大変申し訳ないことでございますが、何卒ご理解くださるようお願いいたします。 なお、4月以降の事業につきましては、現時点では開催未定であり、状況により中止または延期の措置を取らざるを得ない折にはあらためてお知らせいたします。 対象事業 【延期】3月 3日     女性研修会 【延期】3月 4日~5日  解放運動部門一泊研修会

詳しく読む

INFO

行事

久留米教区報恩講(2月3、4、5日) おやこ報恩講(2月2日)をお勤めします

2020年、2月3日、2月4日、2月5日の3日間、久留米教区報恩講が勤修されます。 3日間ともに勤行、合唱、法話の日程で、初日は門徒表彰があります。 講師は、 3日 伊藤元 氏(日豊教区 德蓮寺 前住職) 4日 靍見美智子氏(東京教区 西敎寺 衆徒) 5日 深草昭壽氏(長崎教区 福浄寺 住職) です。 また、2月2日は、「おやこ報恩講」です。子どもや親子連れの方々、お孫さんと、ぜひご参詣ください。 お待ちしております。 詳しくは、以下の案内文書をご覧ください。 教区報恩講タイムスケジュール 3日(

詳しく読む

INFO

行事

「戦争による全ての悲しみに思いを馳せ、心に刻む法要」のご案内

久留米教区は、2007年度(2008年6月20日開催)以来12年ぶりに「戦争による全ての悲しみに思いを馳せ心に刻む法要」を厳修いたします。 教区改編を2020年7月に控え、久留米教区として最後にこの法要を勤めてきた意義を確かめ、次世代に課題をつないでいこうとの趣旨で開催するものです。 つきましては、下記のとおり「戦争による全ての悲しみに思いを馳せ、心に刻む法要」を厳修いたしますので、有縁の方々お誘いあわせのうえ、多数ご参詣くださいますようご案内申し上げます。 開催趣旨文  私たちの久留米教区では、1995年6月に宗派より出された不戦決議を

詳しく読む

INFO

行事

尾角光美さん講師に 八女市で講演会

2019年12月19日(木)18時30分~20時30分まで、グリーフケアに取り組まれている一般社団法人リヴオンの尾角光美さんを講師に、八女市本町602-1のおりなす八女で講演会が開催されます。 主催は「八女しんらん教室」。八女市、筑後市、広川町の真宗大谷派寺院等の後援です。 「グリーフケア」とは、大切な人を亡くすなどの喪失や悲しみを抱えた人への支援・寄り添いのことです。 人やものを失うことによって、人はさまざまな心理的、身体的な影響が生じます。 尾角さんは、自分自身が支えられてきた経験を大切にしながら、グリーフケアが当たり前にある社会を目指して活動されています。

詳しく読む

INFO

行事

「米軍基地問題の現状」テーマに社会講座を開催します 10月25日

2019年10月25日18時から20時まで、大谷会館(久留米教務所、久留米市西町540-1)で「社会講座」を開催します。 沖縄で米軍基地問題を取材されている塚﨑昇平さん(琉球新報記者)を講師に、「米軍基地問題の現状」をテーマにお話を頂きます。 塚﨑さんは、大分県出身の琉球新報記者。辺野古取材班の一員として米軍基地問題の現状にも向き合われていますが、かつては、中国や韓国、沖縄への批判をネットでつぶやいていた「ネット右翼」だったといいます。塚﨑さんの記事「ネット右翼でした」 沖縄県の民意に反して、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設が

詳しく読む

INFO

行事

9月30日、10月1日  瓜生崇氏を講師に、「法話講習会」を開催します

久留米教区では2019年9月30日と10月1日、「法話講習会」を開催します。 テーマは「話すことは聞くことである」。詳しくは、下記をご覧ください。 僧侶や坊守の方々のご参加をお待ちしております。 主な内容 日 時 1日目:2019年9月30日(月)13時30分から19時00分まで 2日目:2019年10月1日(火)13時00分から18時30分まで 会 場 久留米教務所 講 師 瓜生 崇 氏(京都教区玄照寺住職) 対 象 有僧籍者・寺に身を置く者 服 装 平

詳しく読む