おしらせ おしらせ

INFO

一般の方へ

3.11から10年 月刊『同朋』3月号のご紹介

2011年3月11日に起きた東日本大震災とそれに続いた東京電力福島第一原発事故から10年。 被災地では、住宅やインフラなどハード面の復興は進んだものの、コミュニティの再生などソフト面の遅れが指摘されてます。 また原発事故の被害を受けた地域では、住民の一部帰還が始まる一方で、いまだに数万人が避難を継続中。 そして何よりも、亡くなった方々を忘れることなく、いまも悼みつづける人々の心があります。 私たちは被災地のこうした現実から何を学ぶのか…。 この10年間に起きたことを見つめ直し、自分自身の生き方を考えます。 月刊『同朋』3月号「3.11から10年 被災地の光と影」より

詳しく読む

INFO

一般の方へ

年末年始の事務休止について

平素より、九州教務所(大谷会館)にご来所いただき誠にありがとうございます。 年末年始の期間中、下記の通り事務休止いたします。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 ■九州教務所(大谷会館)事務休止期間■ 年末:2020年12月28日(月)~31日(木) 年始:2021年 1月 1日(金)~ 7日(木) なお、12月28日(月)は17時30分で閉所いたします。

詳しく読む

INFO

一般の方へ

東本願寺真宗会館主催:YouTubeライブ配信のお知らせ

【対談企画】「コロナ時代の生きづらさ」湯浅誠×鶴見晃 「コロナ禍」と表現されて数か月。特に最近は、「自死者の急増」が社会問題として取り上げられています。けっして他人事ではないこの事実の中、私たちはどう生きてゆくのか―。そうした視点から、今回は湯浅誠さん(社会活動家)と鶴見晃さん(真宗大谷派僧侶)のお二人から「コロナ時代の生きづらさ」の問題について対談していただきます。 https://youtu.be/H2g12ZAlcyw ぜひ、皆様のご視聴お待ちしております。 講座詳細 ■主催:東本願寺真宗会館 ■日時:202

詳しく読む

INFO

一般の方へ

福岡教務支所 設置準備事務室を開設しました

このたび、2020年7月1日より九州教務所内に設置いたしておりました「福岡教務支所設置準備事務室」を福岡市中央区天神地区に新たに開設(9月7日付)いたしました。今後、2021年2月以降の福岡教務支所設置に向け、当準備事務室を拠点とし設置準備を進めて参ります。 福岡教務支所の使命 真宗大谷派九州教区は、福岡都市圏において浄土真宗の教えをさまざまな方に伝えるご縁をひらくため、九州教区福岡教務支所を設置します。 この九州教区福岡教務支所を起点として、僧侶、門徒がともに教えを聞信しながら、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年

詳しく読む

INFO

一般の方へ

九州大谷で市民大学講座 「正信偈に学ぶ―『大無量寿経』の伝承―」テーマに

〈九州大谷短期大学からのお知らせです〉 九州大谷短期大学仏教学科では、学科の講義を広く市民に開放し、生涯学習社会の実現に寄与することを目的に、毎年「市民大学講座」を開催しています。この取り組みは、今年で46回目を迎えます。 今年度から、「正信偈に学ぶ―『大無量寿経』の伝承―」というテーマのもと、親鸞聖人の「正信偈」依釈段に学びます。 聴講は無料です。皆様方のお越しをお待ちしております。 日 時:2021年7月4日(日)9:00~12:15(受付8:30~) 会 場:九州大谷短期大学 大谷講堂(福岡県筑後市蔵数495-1) テーマ:正信偈に学ぶ

詳しく読む

INFO

一般の方へ

非核非戦法要のご案内について

2020年8月9日、長崎教会(長崎教務支所)にて非核非戦法要が勤修されます。 原子爆弾によって亡くなられた身元不明の方々のお骨が、長崎教務支所の「原子爆弾災死者収骨所」(非核非戦の碑)に収められており、今年75年の節目を迎える法要です。 今年度は、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、開催に際し「3密」を避けた設営等で対応しますので、ご参詣ください。 ※長崎市内の感染状況によっては中止も含めた法要内容の変更を行う場合がございます。予めご了承ください。 詳細につきましては以下のチラシをご覧ください。

詳しく読む

INFO

一般の方へ

「令和2年7月豪雨」における宗派ボランティア活動に係る経費の一部助成について

このたびの「令和2年7月豪雨」における宗派ボランティア活動に対して、活動経費の一部が宗派より助成されますので、ぜひ活用ください。 事 由 被災地におけるボランティア活動の負担軽減ならびに継続した支援を行える環境の整備を目的に、ボランティア活動に係る経費の一部を宗派より助成するため。 対 象 宗派ボランティア(団体・個人)に係る経費の内、食材等の購入経費及び消耗品購入に係る経費の実費分。 なお、ボランティア活動については、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策として、当該教区(九州)や県、生活エリアにおいての活動に限るものとする。 助成額 1回の

詳しく読む

INFO

一般の方へ

九州教区緊急事態対策委員会の対応について(報告)

このたびの「令和2年7月豪雨」の発生を受け、九州教区では7月9日(木)に「九州教区緊急事態対策委員会」を開催し、被害状況の確認、今後の対応について協議し、下記の対応を行うことを決定いたしました。 1、災害見舞金の給付について 特に被害の大きい大牟田三池組、熊本南組に対し、災害見舞金(支援金)として10万円をお渡しする。 2、ボランティア活動支援金の給付について 教務所長に認定された団体へ、ボランティア活動支援金を給付する。 また、熊本エリアでのボランティア活動は、熊本ボランティアセンター(以下KVC)への登録の上、活動いただく。 なお、ボランティアの人的支援は

詳しく読む

INFO

一般の方へ

「令和2年7月豪雨」における被害について(第2報)

このたびの令和2年7月豪雨により、被災された方々に衷心よりお見舞い申し上げます。 真宗大谷派 九州教区 このたびの令和2年7月豪雨における、【久留米エリア】【熊本エリア】の被害状況の詳細について、お知らせいたします。 令和2(2020)年7月豪雨 九州教区寺院被害状況 なお、各地での甚大な被害により、多数のご門徒が被災されていると想定されます。 九州教区では、引き続き情報収集に努め、ご報告いたします。 各寺におかれましても、引き続き被害情報の情報収集にご協力くださいますようお願いいたします。 なお、被害の報告については、組長を通じて九州教務所ま

詳しく読む

INFO

一般の方へ

「令和2年7月豪雨」における被害について【第1報】

このたびの九州地方を中心とする豪雨により、被災された方々に衷心よりお見舞い申し上げます。 現在、九州教務所・各教務支所において、被害に関する情報収集・現地見舞を行っております。 ■現在把握している被害情報(7月9日) 組名 寺院被害 門徒被害 日田玖珠組 なし 床上2件 床下1件 浸水3件 大分別府組 納骨堂浸水1件 門徒宅流出1件 田川組 なし 不明 奥豊後組 全壊1件(土砂被害) 三井東組 なし 床上1件 床下複数の可能性あり 山門西組 なし

詳しく読む