よみもの よみもの

COLUMN

コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

Vol.2「竹灯籠作りに密着」 前回に引き続き、みやま市明願寺門徒の西山勝幸さんのお宅にお邪魔しています。 (聞き手)西山さん、今回は実際に竹灯籠を作るところを見せていただけるそうですね。 (西山さん)はい。今回は来年7月に合併し、新たに発足する「九州教区」の竹灯籠作りに挑戦します。 (聞き手)ホントですか!ありがとうございます! 工程①「原稿の作成」 パソコンを使って原寸大の文字をプリント。 文字を切り抜いた時に竹がバラバラにならないよう、残す部分を書き込む。 ※絵の場合は、写真や絵画などを参考に。 工程②「型取り」 文字を切り抜いた紙を竹に貼付け

詳しく読む

COLUMN

コラム

不定期シリーズコラム「門徒さんに聞く!」

寺はご門徒に支えられ、帰命の心を代々に伝承してきました。そんなご門徒の活動や声を聞くコーナーを設けました。不定期コラムです。 Vol.1「竹灯籠の魅力」 記念すべき第1弾は、みやま市高田町にある明願寺(三池組)の門徒、西山勝幸さんのお宅をたずねました。聞き手は釋峯水(蓮尾康行)です。 (峯水)西山さんは所属寺の明願寺さんや近隣寺院に竹灯籠を寄贈しておられるそうですね。 (西山さん)はい。報恩講や永代経、大衆供養や同朋大会など、お寺で行事が催される時に納めています。 (明願寺住職)大晦日(除夜の鐘)には、参道を照らす竹灯籠もお願いしています。 (峯水)いつ頃から作

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

誕生(1歳~)

親鸞聖人は1173年(承安3年)、京の都の南、日野の里で誕生されたといわれています。貴族中心の平安時代から武士が力をもちはじめた鎌倉時代へと移り変わろうとする騒乱の時代でした。

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

出家(9歳~)

9歳になった親鸞聖人は、慈円の僧坊である青蓮院で得度式を行い、出家したと伝えられています。その後、20年にわたって比叡山で堂僧として修行の日々を送ることとなります。

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

求道

比叡山の教えは「煩悩を絶ってさとりを開く」というものですが、どれだけさとりを開こうとしても、苦しみや悩みは深まるばかり。そんな聖人は六角堂に参籠されます。

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

出遇い(29歳~)

人は出遇いによって一生が決まる、といっても過言ではありません。聖人は悩んだ末、夢のお告げに促され、比叡山を下りて法然上人の弟子として、念仏の教えに帰依されていきました。

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

吉水

法然上人の草庵は、さまざまな人に開かれた場でした。そこで親鸞聖人は、すべての人を平等に救う念仏の教えを聞き、真の信心を確かめていかれます。

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

流罪(35歳~)

念仏の教えは、当時の仏教界から非難が起こり、朝廷より厳しい弾圧が加えられます。念仏することも教えを説くことも禁止され、法然上人は土佐へ、親鸞聖人は越後へ流罪となります。

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

関東(42歳~)

流罪の赦免後、親鸞聖人は越後から関東の地へ移り、関東一円にわたって念仏の教えを伝えながら、20年の歳月を過ごしました。山伏弁円との出あいや三部経千部読誦の逸話が残されています。

詳しく読む

COLUMN

親鸞聖人のご生涯

帰洛(62歳~)

親鸞聖人は60歳を過ぎてから京に戻ります。京都では、主著である『教行信証』や『和讃』など数多くの著作を執筆しました。関東の門弟の動揺や息子の義絶など、心揺さぶられる出来事にも直面します。

詳しく読む